5月16日 DJ SARASAが本格メキシコ料理店「CASA DE SARASA」をグランドオープン

世界を股にかけ、15年に及ぶキャリアを積み上げてきた日本が誇るトップDJ「SARASA」が道玄坂に本格メキシコ料理店「CASA DE SARASA」を5月16日にグランドオープンする。

CASA DE SARASA(カサデサラサ)

2017年5月16日にオープンいたします。
DJ SARASAが自らメキシコで買い付けてきたインテリアやメキシコのアーティストによるアートワークで装飾されたアットホームな雰囲気の中、新鮮な旬の野菜とともにタコスやエローテなど本場さながらの屋台料理から、メキシカンには欠かせないノパレス(サボテン)のサラダやアラチェラ・ビーフステーキまで、バラエティーに富んだテキーラやカクテルのセレクションで皆さまをもてなします。

レストランを作ったきっかけ

メキシカンレストランをオープンさせたいと思ったきっかけについてDJ SARASAは
「にぎやかに食事を楽しみながら交流し、親交を深める。メキシコではよく見かける光景です。そんな場所を東京にも作りたかった。」と語ります。「家族や友達とテーブルを囲み、手作りの料理を楽しみながらひとときを過ごしたり、または新しい出会いが生まれそれがさらに発展するような、人と人がつながる場となってもらいたい。CASA DE SARASAに訪れるすべての人々が本場メキシコの家庭料理を楽しみながら、アットホームな気持ちでくつろいでほしい。そんな願いを込めて店内の一番目立つ場所に、 “Mi casa es tu casa(私の家はあなたの家)” というメッセージを掲げました。

定番メニューおよびアイテム

・「ジュージュータコスコンボ」はご自身で作っていただくスタイルで、
「肉」「シーフード」「ベジタリアン」のいずれかを選んでいただき、
キャストアイロンスキレット(鉄板)にて、プレスドトルティーヤと5種類のサルサソースと共に提供されます。
・「ノパレス(サボテン)のサラダ」は新鮮なトマトと共に、爽やかなドレッシングを添えた一品です。
・「エローテ(トウモロコシの丸焼き)」はマヨネーズ、パルメザン、塩とチリパウダーをまぶした一皿。
・「こんがりラムチョップグリル」はグリルされたラムチョップが香ばしい一品です。

定番ドリンクメニューおよびアイテム

ドリンクメニューは、メキシカンなものからスタンダードなカクテルまで幅広い構成となっています。
テキーラは豊富な種類を取り揃えています。

・「きゅうりとパラペーニョのフローズンマルゲリータ」はスパイシーな爽やかさで、夏にぴったりなドリンク。
・「テキーラフライト by テキーラフェスタ」Luna SeaのInoran氏、ExileのÜSA氏によって厳選されたセレクション。熟成度別に3種類のテキーラが選べる楽しい飲み比べセット。
Asombroso La Rosa Reposado / Don Julio Reposado / Casa Noble Reposado

・「セレブリティー・テキーラコレクション」 著名人たちが手がけるテキーラブランドの数々。
George Clooney’s Casamigos / Sammy Hagar’s (Van Halen) Cabo Wabo / Carlos Santana’s Casa Noble Tequila/ Billy Gibbons’ (ZZ Top) Pura Vida

店内デザイン

まず外壁の鮮やかな原色のサラペ・ストライプが目を引き、店内に入ると花や植物の世界に踏み込んだかのような、温かみのある壁画やディスプレイが皆さんを迎え入れます。伝統的なタラヴェラ焼きのタイルやメキシカンテキスタイルを用いたカスタムメイドの家具とインテリアは、現地の店にふらっと立ち寄った気分にさせてくれるでしょう。

店内のいたるところに描かれている、温かみのあるタラヴェラ柄の生き生きとした花や動植物のモチーフは、メキシコから来日した2人のアーティスト、Javíer Rodriguez(ハビエル ロドリゲス)とAna Muños (アナ ムーニョス)によって手描きされたものです。

その中でも最も目を引くアートワークは、化粧室内の大きなトウモロコシのモチーフ。アステカ文明の根幹を成し、メキシコの食文化の中枢を担う主穀であるトウモロコシ。ウイチョール族の伝統工芸品であるドリームキャッチャーからインスピレーションを得て、人々の暮らしに欠かせないこの穀物をその中心「Ojo de Dios(神の目)」として描くことにより、歴史をつないだ大切な穀物へのオマージュを捧げています。

CASA DE SARASA (カサデサラサ)

営業時間:火~日 午後6時~翌午前1時 (金・土・祝前日は翌午前5時まで)
住所:東京都渋谷区道玄坂2-25-5 島田ビル 2F
Tel/Fax:03-5428-6155

オーナー DJ SARASA氏


東京生まれのNY育ち。世界を股にかけ、15年に及ぶキャリアを積み上げてきた日本が誇るトップDJ。メキシコへは頻繁に足を運び、国のカルチャー、食文化、そしてテキーラに関しての造詣を深めている。近年はアジア最大級のテキーラの祭典「テキーラ・フェスティバル」にも深く関わり、都内で本格的なメキシカンレストランをオープンさせるべく、精力的に活動してきた。
CASA DE SARASAはそんな彼女の第1号店となる。

料理長 安田和義氏


大阪生まれの安田和義(ヤスダカズヨシ)は、大阪で話題のスポット「墨国回転鶏料理」のマネージャー兼シェフとして腕を振るったことで知られる。初めてメキシコで本場のタコスを堪能して以来6年間、本場の味を日本で再現することにこだわり続けている。メキシコやアメリカに劣らないタコスのマーケットを国内で開拓し、「本場の味」を手軽に楽しめる料理としてタコスにもっと慣れ親しんでもらうことこそが彼の夢である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA